2016年09月14日

西武HD、東証に西野瑞再上場申請 3月末にも承

西武ホールディングス(HD)は15日、東京証券取引所に株式の再上場を申請した. 早ければ3月末にも認められる見通しだ. 2004年に西武鉄道が有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止になって以来、10年ぶりの上場となる. 12年10月に再上場を申請していたが、株式の35%を握る筆頭株主の米サーベラスと経営方針や上場時期をめぐって対立したため手続きが中断. サーベラスが国内の市場が好調なうちに株を上場させて売却益を得る方針に切り替えたことで、早期上場を目指す方針で両者が一致した. ソウル=中野晃】長崎県の対馬から韓国人窃盗団に盗まれた国の重要文化財・銅造如来立像をめぐり、韓国の文化財返還運動団体代表の僧侶、慧門(ヘムン)氏(40)が25日、日本への即時返還を韓国政府に求める行政審判を起こした. 行政訴訟も検討している. 日本にある朝鮮王朝文書などの韓国への返還を求め、実現してきた慧門氏は「不法に奪われた文化財はあるべき場所に戻すべきだというのが我々の立場だ」と主張. 立像は8世紀に新羅で作られたとされるが、「日本に渡って長い年月がたち、日本の文化財として登録されている. 実行犯の判決も確定し、盗難品であるのは明らかだ」と話す. ナイキ ナイキ SBSB 実行犯3人の控訴審で大田(テジョン)高裁は10月末、懲役3~4年の実刑を命じた一審判決を支持. 被告らは上告せず、刑が確定している. 日本は県文化財の観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)とともに返還を求めるが、保管する韓国文化財庁は運搬を手伝ったとされる男の公判が継続中と主張. 観音像については「元の所有者」と主張する韓国の寺院の申請を韓国地裁が認め、日本政府への引き渡しに歯どめをかける仮処分決定が出ている.
posted by AkinoAtuko at 05:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください