2016年11月28日

マドンナ、ツアー衣装でジバンシィ着用!

9月27 日、20時(日本時間)に開催される ドルチェ&ガッバーナ2010年春夏レディースコレクションのショーに先駆け、下記のサイトにてメイキングオブの動画が発信される. 通常は裏舞台の世界で目にすることはできないデザイナーたちの仕事ぶりや、27日に行われるショーで使われる素材などがいち早く見ることができるスペシャル映像. http://sutapfestpub.seesaa.net/dolcegabbanachannel http://sutapfestpub.seesaa.net 配信は9 月25 日より9 月27 日20 時までの3 日間限定. コレクションに行く人も行かない人も、チェックしよう.

マドンナは「スティッキー&スウィート・ツアー」のロンドン公演で、リカルド・ティッシによるジバンシィのクチュールコレクションの新作を着用した. マドンナが着用したのは、シルクサテン素材の黒のクロップド・ジャケットで、黒のジェットがあしらわれたチュール、フリンジ、プリーツ加工されたオーガンジー、ギピュールレース、ハンドカットされたセロファン素材のサークルモチーフの装飾が施されている. ジャケットには背中のあいたベストとストラップがコーディネイトされた. リカルドはインタビューで、マドンナの衣装デザインについて「アイコンであり、アーティスト、そして尊敬し称賛してやまない女性であるマドンナに、衣装を提供する機会を得られて、信じられないくらいラッキーだと思っている」と話していた. パコ ラバンヌはこのほど、ウィンメンズウェアの新クリエイティブ・ディレクターに マニッシュ・アローラ を指名したと発表した. マニッシュ・アローラによる初めての2012年春夏コレクションは、2011年10月にパリでお披露目される見通しだ. マニッシュ・アローラは、1997年に自身のレーベルを設立. 自身のルーツであるインドのヘリテージを引用した、刺繍やアップリケ、ビーズなどのデザイン技術や明るい色使いのコレクションで知られる. パコラバンヌ社は、ラバンヌ氏が"他のクリエイティブ活動を遂行するため"ファッション業界を去った2006年以来、レディトゥウェアのショウを行なっていなかった. ラバンヌ氏は、新クリエイティブ・デザイナーの就任に関して、「1966年に12型の実験的なドレスのコレクションを発表したことから、ブランドをスタートしました. それから40年以上経った今、新しいことをする時期がきました. メゾンは、新しいものを創作し、違った世界に触れ、異なる見通しを持ち、別のやり方で社会と接触しなくてはなりません. これからは、工業的な面を避け、クラフトマンシップに回帰し、小規模のコレクションを製作します」と語った. 近日出発! メイドトレイン! !
posted by AkinoAtuko at 04:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。